安く旅行ができる夜行バス!他の移動手段と比べた際のメリットとは?

安さが最大の売りの夜行バス

夜行バスの最大の売りは、新幹線や航空機といった他の公共交通機関よりも安価に利用できる点であり、便数の多い大阪~東京の路線に関しては最も安価な場合では2千円前後という破格値で乗れる事もあります。破格値で乗れる夜行バスに関しては、平日運行かつ定員が多い4列シートに限られるものの、多くの需要がある関係で運行本数が多いので乗れる可能性も高くなっています。夜行バスを運行する業者の多くが、早期購入割引・直前割(キャンセルが出た場合や売れ残っている場合等)といった料金システムを採用しており、乗車が近い場合であっても激安運賃で乗れるケースも存在し、移動であまりコストを掛けたくない若者にはありがたい料金制度と言えます。

他の公共交通機関の始発よりも早く着く

大阪と東京を結ぶ夜行バスは、主に21時前後に出発して6時台や7時台に到着するダイヤとなっている事から、新幹線等の始発便に乗るよりも早くに到着する事が可能となっていて、朝早い会議・イベントであっても余裕を持って目的地に向かう事が出来ます。車内で適度な仮眠をする事によってホテル代を節約出来る事に加えて、一部の事業者にはターミナル近くの温浴施設が割引料金で使えるケースもあるので、リフレッシュして仕事や遊びに臨みたい場合は、シャワーを浴びておくのも良いでしょう。更に、目的地の大都市で観光をする場合に地下鉄などの鉄道チケットが割引きで購入出来る特典を設けているバス事業者もあるので、有効活用するのもおすすめです。